津島自民税調会長:証券優遇税制の延長を示唆、損益通算を検討-講演

自民党の津島雄二税制調査会長は27日午前、 都内で講演し、2008年末以降に期限を迎える株式の譲渡益・配当に関する証券 優遇税制への対応について、「損益通算ができないとの声が高まっている。これ は否定できない」としたうえで、期限を「今度は単純に延ばすようなことはし たくない」と述べ、優遇税制の延長を示唆すると同時に、配当との損益計算を 可能にする方向で検討する考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。