中国銀行株が香港市場で急落-テマセクが一部保有株を売却(3)

中国3位の銀行、中国銀行の株価は27 日、香港証券取引所でここ3週間余りで最大の下落となった。シンガポール政 府系投資会社テマセク・ホールディングスが、保有する中国銀行株4.6%の一 部を売却する方針を示したことが売り材料となった。

中国銀行株は前日比5.2%安の4.02香港ドルで終了し、9.7%下げた今月 5日以来の大幅下落となった。

26日付で投資家に電子メールで送付された資料によると、テマセクは中国 銀行の株式10億8000万株を1株当たり4.09-4.12香港ドルで売却し、最 大44億6000万香港ドル(約620億円)の調達を目指している。

フォルティス・インベストメント・マネジメント(香港)のアジア株運用 担当者、ロナルド・チャン氏は、テマセクが「金融関連株への投資を減らし、 いかなる大企業の大株主にもならない」ように努めていると述べた。

中国銀行は2006年の上場以来、株価が香港市場で36%、上海市場でも倍 以上に値上がりしている。時価総額は1960億米ドル(約21兆1900億円)に 達し、米シティグループを上回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE