三井住友FG:個人部門収益、3年で1000億円増へ-異業種提携も(3)

三井住友フィナンシャルグループ傘下の 三井住友銀行はリテール(個人向け取引)部門の強化方針を示し、2010年3月 期の業務粗利益を現在より1000億円多い年間5100億円規模に拡大する計画を 明らかにした。法人向け業務が伸び悩む中、取り扱い金融商品の多様化や店舗 増設、異業種との提携拡大などで積み上げ、収益全体の底上げを目指す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。