英豪系リオ・ティント:最大300億ドルの資産売却も-30%増配(2)

世界3位の鉱山会社、英・オーストラリ ア系のリオ・ティントは26日、今年の配当を30%増やすとともに、最大で 300億ドル(約3兆2000億円)規模の資産売却を行う可能性があることを明 らかにした。同社は、同業最大手、豪BHPビリトンからの敵対的買収を防御 しようとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。