豪カンタス航空:有罪認め、罰金66億円支払いへ-国際価格カルテル

国際航空貨物料金の価格カルテル事件で、 オーストラリア最大の航空会社、カンタス航空は、罰金6100万米ドル(約66 億4000万円)の支払いに同意するとともに、同カルテルに関与した罪で有罪を 認めた。米司法省が27日発表した。カンタスは今後の捜査に協力する方針。

司法省のトマス・バーネット反トラスト局長は、カンタスの有罪答弁は「価 格操作など違法な共謀行為に関与した者は、犯罪の高額な代償を支払うことに なるというメッセージを明確に発している」と述べた。

米政府は裁判所への提出文書で、カンタスは2000年1月から06年2月に かけてほかの複数の航空会社と共謀し、貨物料金を操作したと指摘。カンタス は同期間、米豪間の貨物輸送業務で首位となり、6億ドル超を稼いだ。

カンタスは、有罪答弁に応じたことにより、米国で顧客が起こした複数の 民事訴訟に直面することになる。

この事件をめぐっては、欧州3位の航空会社英ブリティッシュ・エアウェ イズ(BA)と大韓航空がすでに有罪を認め、それぞれ3億ドルを支払ってい る。

-- Editor: Laurie Asseo, Jim Rubin.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: James Rowley at +1-202-624-1913 or jarowley@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Michael Forsythe at +1-202-624-1940 or mforsythe@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE