Non-GMO大豆がストップ高-シカゴ34年ぶり高値に買い先行

東京穀物商品取引所では、非遺伝子組み換え(N on-GMO)大豆相場が大幅高で取引終了、当限を除く全限月でストップ高(値幅 制限いっぱいの上昇=1000円高)を付けた。中国による米国産大豆買い付けによる供 給タイト感で34年ぶりの高値を付けたシカゴ大豆相場の動きに追随する展開となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。