サブプライム懸念の円高、107円と104円が攻防線-急騰後は急落も

米サブプライム(信用力が低い個人向け) 住宅ローン問題を背景に、円・ドル相場は当面のヤマ場とされた1ドル=108円 前後を先週末にあっさり突破した。ドル安圧力が根強い中、市場では107円前 後と104円台前半が次の節目とみられている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。