米投資家楽観度が大幅低下、カトリーナ襲来後で最低-UBS調査

スイスの銀行UBSが米ギャラップと共 同で実施した世論調査によると、米金融市場の先行きに対する投資家の楽観度 は11月に大きく低下し、ハリケーン「カトリーナ」が米国を襲った2005年9 月以来の低水準を記録した。米国がリセッション(景気後退)に陥るとの懸念 が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。