欧州株:下落、HSBCやウニクレディトなど銀行株安い-アレバ上昇

欧州株式相場は下落。米ゴールドマン・サ ックスが英銀大手HSBCホールディングスについて、米サブプライム(信用 力の低い個人向け)関連でさらに120億ドルの貸倒引当金を用意する必要に迫 られる可能性を指摘したことから、HSBCは売りを浴びた。

銀行株や保険株の下落からダウ欧州株価指数は午前の上げを失った。原子 炉製造で世界最大手、仏アレバは中国からの原子炉建設受注(80億ユーロ)が 好感され、上昇した。

ダウ欧州株価指数は前週末比0.6%安の355.78で終了した。一時は1.1% 高まで上昇する場面もあった。同指数は今月に入り8.4%下落した。

ストアブランド・アセット・マネジメント(オスロ)で71億ドル相当の 資産運用に携わるエスペン・ファーネス氏は、「投資家はサブプライム問題が まだ終了していないと考えている。信用収縮が長引けばその分、犠牲となる企 業も増えるだろう」と述べた。

ダウ欧州50種株価指数は0.9%下げ、ダウ・ユーロ50種株価指数は

0.7%下落した。

バークレイズなど金融株が下落

HSBCは1.9%下落。同行は傘下のストラクチャード・インベストメン ト・ビークル(SIV)2本を救済するため、同SIVの資産(450億ドル相 当)を引き受けると発表した。HSBCはSIVが保有する債券の投げ売りを 防ぐ考えだ。

バークレイズは2.6%安。イタリア銀大手のウニクレディトも3.2%下げ た。仏銀のBNPパリバは2%下落した。また英金融大手ロイズTSBグルー プは3.1%下げた。

航空大手ブリティッシュ・エアウェイズは4.6%下落。同社はスペイン最 大の航空会社、イベリア航空の株式14%を買い取る権利を行使しないことから、 イベリア航空に買収案を提示しない可能性が高まった。イベリア航空は1.9% 下落した。

一方、アレバは4.6%高。中国がアレバに原子力発電プラント2基を発注 する見通しであることが26日分かった。アレバのアンヌ・ロベルジョン最高 経営責任者(CEO)が北京で明らかにした。

ドイツのコンチネンタルは1.1%上昇した。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前週末比81.60ポイント(1.3%)安の6180.50。FT オールシェア指数は同38.25ポイント(1.2%)下げて3160.20。

ドイツのDAX指数は41.60ポイント(0.55%)安の7567.36。HDAX 指数は17.79ポイント(0.46%)低下し3844.77。

フランスのCAC40指数は62.78ポイント(1.14%)下げ5458.39で終了 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE