グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下 の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数はここ1週間余りで最大の上げとなった。 中国の携帯電話加入件数が過去最大の伸びとなったことを受け、チャイナ・モバ イル(中国移動)など通信株が高い。

感謝祭の翌日の米小売売上高が増加したとの調査結果を受け、米ウォルマー ト・ストアーズが取引先の商社リー・アンド・ファンや、米国で事業展開してい る英HSBCホールディングスも高い。

大福アセット・マネジメントで約2億ドルの資産運用に携わるナンシー・リ ー氏は「市場は米小売統計に肯定的に反応している」と述べた。通信株について は、「中国の電話会社は豊富なキャッシュフローを上げ、莫大な人口に支えられ ている。携帯電話サービスのニーズがある。私はチャイナ・モバイルを好む」と 語った。

ハンセン指数は前週末比1085.53ポイント(4.1%)高の27626.62で終了。 ハンセン中国企業株(H株)指数の終値は5.4%高の16542.37。両指数とも14日 以来の大幅上昇となった。

チャイナ・モバイル(941 HK)は5.30香港ドル(4.1%)高の134.80香港ド ル。リー・アンド・ファン(494 HK)は1.70香港ドル(5.9%)高の30.65香港 ドル。HSBC(5 HK)は1.80香港ドル(1.4%)高の133.50香港ドル。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。同国の証券最大手、中信証券(Citic証券)が売 られた。中国本土の2つの証券取引所の売買高がここ1年2カ月で最低の水準と なったことが嫌気された。

国泰基金管理で18億ドル相当の資産運用に携わる范迪釗氏(上海在勤)は、 「売買高の減少は証券株にとってマイナス要因となる」と指摘した。

中国人寿保険と中国平安保険も安い。投資家の間に株安が投資収益の減少に つながるとの懸念が広がった。一方、アジアで金相場が3営業日連続で上昇した ことを受け、産金会社の山東黄金礦業は値幅制限いっぱいの上げ。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数 は、前週末比56.08ポイント(1.2%)安の4800.08で終了。

中国の保険最大手の中国人寿保険(601628 CH)は1.74元(3%)安の55.81 元。同2位の中国平安保険(601318 CH)は2.65元(2.4%)安の105.94元。

山東黄金礦業(600547 CH)は13.44元(10%)高の147.80元。

【インド株式市況】

インド株式市場ではセンセックス30種指数が上昇し、ここ約1週間で最大の 値上がりを記録した。アジア各国株式相場の上昇に追随した。米小売店が実施す る感謝祭(23日)翌日の売り出しで堅調な結果が明らかになり、アジアの対米輸 出が拡大するとの見方が広がった。インフォシス・テクノロジーズが高い。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前週末比394.67ポイント (2.1%)高の19247.54。11月14日以来で最大の上昇率。ナショナル証券取引所 上場の50銘柄で構成するCNXニフティー指数は123.10ポイント(2.2%)上げ

5731.70。

インド2位のソフトウエア輸出企業、インフォシス(INFO IN)は18.35ルピ ー(1.2%)上昇して1576.35ルピー。時価総額でインド最大の企業、リライアン ス・インダストリーズ(RIL IN)は71.4ルピー(2.5%)上げて2882.85ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比141.20ポイント(2.2%)高の6471.40。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比82.45ポイント(4.7%)高の1855.33。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比186.13ポイント(2.2%)高の8528.33。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比92.69ポイント(2.8%)高の3418.58。

【マレーシア株式市況】

クアラルンプール総合指数は前週末比10.82ポイント(0.8%)高の1364.37。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比8.53ポイント(1%)高の832.78。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比63.70ポイント(2.5%)高の2648.04。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比42.85ポイント(1.2%)高の3537.29。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE