日テレ、7&i、電通:新会社設立-ネット、小売り、TV融合(2)

日本テレビ放送網、セブン&アイ・ホール ディングス(7&i)、電通の3社は26日、次世代型ショッピングポータルサ イト(電子商店街)を運営する新会社「日テレ7」を設立することで合意したと 発表した。新会社はテレビ番組を軸にインターネットと小売業を融合させた事業 を展開する。

新会社を12月に設立し、2008年4月から本格的にサービスを開始。衣食住 にかかわるあらゆる商品を販売し、初年度の売り上げ約10億円、3年目で黒字 化、4年目での累損解消を目指す。

新会社の出資比率は日テレが51%、7&iグループ企業で計35%、電通が 14%。電通から広告のノウハウの提供を受け、日テレは7&iと組むことで通販 事業を強化する。7&iはこれまでもネット事業を強化してきており、テレビ媒 体を通じて新たな販路拡大や情報発信を狙う。

株価終値は、日テレが前週末比150円(1.1%)安の1万3290円、7&iが 同15円(0.6%)高の2745円、電通が同2000円(0.7%)安の28万円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE