日本株(終了)急伸、中国の日本株投資に期待感-米商戦出足にも安ど

週明けの東京株式相場は急伸。日経平均株 価は一時400円以上の上げとなり、終値では3営業日ぶりに節目の1万5000円 を回復した。米国のクリスマス商戦の出足が好調で、先行きが警戒されていた米 景気と株価動向に安ど感が広がる中、午前の取引終了後に中国政府系ファンドが 日本株投資に踏み切るとの報道も伝わり、先物主導で上げ幅が拡大した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。