中国:仏アレバに原子力発電プラント2基発注へ-80億ユーロ(2)

中国が世界最大の原子炉メーカー、フラン スのアレバに総額80億ユーロ(約1兆2900億円)で原子力発電プラント2基を 発注する見通しであることが26日分かった。アレバのアンヌ・ロベルジョン最 高経営責任者(CEO)が北京で明らかにした。

ロベルジョンCEOによれば、アレバは同発電プラントへの核燃料供給も行 う予定。

中国が石油への依存軽減や環境汚染の減少を目指し原子力発電に力を入れる なか、アレバと東芝傘下の米ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)は 2020年までに予定される最大26基の原子炉建設をめぐり受注競争を繰り広げて いる。中国が同年までに原子力発電を総発電量の4%に引き上げるとの目標を達 成するには、年2基のペースでの原子炉建設が必要となる。

WHは7月に中国から53億ドル(約5700億円)規模の契約を受注。4基の 原子炉向けの機器供給と技術提供などが決まっていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE