リオ・ティント大幅高、中国から買収案受けるとの観測-中国側は否定

英豪系鉱山会社リオ・ティントの株価が 26日のシドニー市場で、同業最大手の豪BHPビリトンから買収提案を受けて 以来、最大の上昇となっている。資産規模2000億ドル(21兆7000億円)相 当の中国の政府系ファンド(SWF)、中国投資公司がリオ買収で対抗案を提示 する可能性があるとの観測が背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。