中国投資会社「中国投資公司」:日本株や北米株投資マネジャー募集(2)

1兆4300億ドル(約168兆円)にも達している 外貨準備高の一部を効率的に運用するために中国政府が設立した投資会社、中国投資 公司が日本株や北米株に投資するポートフォリオマネジャーを募集していることが明 らかになった。

中国投資公司サイトによると、日本株と北米株の担当者は1人で、経済か金融の 修士課程修了者で7-10年の投資経験が応募の条件になっている。ほかに同条件で欧 州株式、新興市場株式、債券ポートフォリオマネジャーも各1人ずつを募集している。

外貨準備を運用する機関として中国は9月29日、中国投資公司を正式に設立した。 ソブリン・ウェルス・ファンド(SWF)として約2000億ドル(約22兆9600億円) 規模の資金を運用、世界最大となった外貨準備のリターン(投資収益率)向上を図る。

シンガポール政府系の投資会社、テマセク・ホールディングスをモデルに設立さ れた中国投資公司には、元財務次官の楼継偉氏が会長に就いている。正式設立を前に 5月には米投資会社ブラックストーン・グループの株式30億ドル相当を取得した。

午後の日本株は上げ幅を大きく膨らませている。「中国からの資金が入るような ら日本株見直し買いのきっかけになる可能性がある」(ちばぎんアセットマネジメン トの奥村義弘調査部長)との見方が台頭した。

26日付の日経新聞(電子版)の報道を受けたもので、日経はこの日の正午前、1 兆4000億ドル超の外貨準備の一部を運用するために設立された中国の中国投資公司 が日本株式への投資に乗り出すと報じた。時期は明らかにしなかったが、日経新聞の 取材に答えたとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE