債券相場は大幅安、株価急騰受けて売り優勢に―10年債利回り1.49%

債券相場は大幅安(利回りは上昇)。中国 政府系ファンドが日本株への投資に乗り出すと報じられたことで、午後に入り 株式市場で日経平均株価が急騰したことで、債券市場は売りが優勢の展開。先 物中心限月は60銭を超す下げ幅となったほか、新発10年債利回りは1.49%に 上昇している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。