UBS証の田村氏:業績下振れの可能性、株価低迷は長期化-銀行決算

UBS証券の田村晋一シニアアナリスト は26日、ブルームバーグ・テレビに出演し、大手銀行の2008年3月期の連結 純利益の見通しについて、貸し出しや手数料収入の低迷などで期初予想を下方 修正した銀行側の予想をさらに下回る可能性があると指摘した。銀行株につい ては低迷が長期化するとの見通しを示した。主なやり取りは以下の通り。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。