【米個別株】HSBCなど金融株、住宅建設株、ボーイング、百度

26日の主な銘柄は以下の通り。

HSBCホールディングス(HBC US):2.6%安の82.54ドル。ゴー ルドマン・サックス・グループはリポートで、英銀大手HSBCホール ディングスがサブプライム(信用力の低い借り手向け)住宅ローン関連 でさらに120億ドル(約1兆3000億円)の貸倒引当金を計上する可能性 があると指摘。これを受けてHSBCの米国預託証券(ADR)を含め、 CITグループ(CITUS)、インディマック・バンコープ(IMB US)、カ ントリーワイド・ファイナンシャル(CFC US)などが大きく下げた。ま た米銀最大手シティグループ(CUS)は金融専門局CNBCに最大4万 5000人を削減する可能性があると報じられ、株価は3.2%下げた。

センテックス(CTX US):7.9%安の18.38ドル。シティ・インベ ストメント・リサーチはリポートで住宅建設業界が好調を取り戻す可能 性は低いと指摘、回復は来年第2四半期以降に持ち越されるとの見方に 基づき、センテックスをはじめ複数の住宅建設業株の投資判断を引き下 げた。センテックスのほかでは、スタンダード・パシフィック(SPF US)やKBホーム(KBH US)、ライランド・グループ(RYL US)、レナ ー(LEN US)が下落した。

ボーイング(BA US):0.44%高の89.93ドル。ワコビア・キャピタ ル・マーケッツのアナリスト、ゲーリー・リーボビッツ氏は航空機大手、 ボーイングの投資判断を「マーケットパフォーム」から「アウトパフォ ーム」に引き上げた。

百度(BIDU US)のADR:5.6%高の326.14ドル。シティグループ はリポートで、中国の個人所得が増加するとの見通しに基づき、同国の 消費者関連銘柄への投資をベンチマークより高くするよう投資家に推奨 し、検索サイト最大手、百度(バイデュー・ドット・コム)を上昇が見 込める銘柄のひとつに挙げた。

Eトレード・ファイナンシャル(ETFC US):14%安の4.60ドル。 ウォールストリート・ジャーナルは関係者による情報として、オンライ ンブローカーのEトレード・ファイナンシャルの買い手候補らの間で、 同社の住宅ローン取りたて業務の問題が持ち上がっていると報じた。

ファニーメイ(FNM US):10%安の28.92ドル。UBSは米住宅金 融最大手ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)の増益率が低下するとの見 方に基づき、投資判断を「買い」から「中立」に引き下げた。エリッ ク・ワッサーストロム氏らワコビアのアナリストはまた、同業のフレデ ィマック(米連邦住宅貸付抵当公社 FRE US)の投資判断も引き下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE