コンテンツにスキップする

米年末商戦:感謝祭後週末の平均支出は前年比3.5%減、客数増-調査

全米小売業協会(NRF)が25日発表し たところによると、感謝祭の祝日後の週末に米消費者が支出した平均額は、前 年同期に比べ3.5%少なかった。消費者が食料品価格上昇やガソリン高に見舞わ れるなかで、小売店は値引きで客寄せを図った。

NRFによると、22-25日までの消費者の平均支出額は347.44ドル(約3 万7650円)だった。消費者はデジタルフォトフレームやカシミアのセーターな どでより低価格な商品を購入した。来店者数は前年同期比4.8%増えた。

牛乳やガソリンなど必需品の値上がりと16年で最悪の住宅不況を受け、消 費者は支出を抑え気味だ。ウォルマート・ストアーズは昨年より2週間余り早 く商品の値引きを開始。メーシーズとJCペニーは衣料品の最大60%値引きで 客足の維持に努めた。

コンサルティング会社アリックスパートナーズのマネジングディレクター、 フレッド・クローフォード氏は「今年の買い物客は欲しい物があらかじめ決ま っているようだ」として、「どこに何が売っているか、どの値段で売っている かをよく知っている」と話した。

NRFが調査会社ビッグリサーチの調査を基にまとめたところによると、 週末の買い物客数は1億4700万人余りだった。NRFの広報担当者、スコット・ クルーグマン氏は、昨年の平均支出額は、高品位テレビ(HDTV)の販売増 によって押し上げられていたと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE