豪総選挙:労働党が11年ぶり政権奪回-イラク駐留軍一部撤退など公約

24日に投開票が行われたオーストラリア総 選挙で、ラッド党首率いる野党・労働党が勝利を収め、ハワード首相率いる保守 連合(自由党・国民党)から11年ぶりに政権を奪回することが確実となった。 労働党は、京都議定書の批准やイラク駐留兵の一部撤退などを公約に掲げて選挙 を戦った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。