米Eトレード株が急騰、身売りまたは部分的売却で交渉中との報道で

23日の米株式市場で、オンライン証券 大手Eトレード・ファイナンシャルの株価が25%高と急騰した。同社が身売 り、もしくは部分的な売却で交渉に入っているとの報道が手掛かり。

米金融専門局CNBCは同日、匿名の関係者の話を基に、Eトレードは 見売り、あるいはブローカレッジ事業の売却について複数の同業社と交渉中と 報じた。交渉先企業には、同業の米チャールズ・シュワブやTDアメリトレー ド・ホールディングが含まれるとみられる。

同社は今年、バンキング部門での評価損が2002年以来の四半期赤字計上 につながるなか、同業他社との合併交渉を中断している。

ボストンに拠点を置く金融コンサルティング会社、セレントのオクタビ オ・マレンツィオ最高経営責任者(CEO)は「Eトレードは、わずか数年前 は非常に賢明とみられていた住宅ローン事業に賭けたことで、黒字体質を崩壊 させてしまった」と指摘、「同社にとって身売りの機は熟している」と語った。

Eトレードの広報担当者、パム・エリクソン氏と、TDとシュワブの広 報担当者はともにコメントを避けた。

Eトレードのこの日の終値は、前営業日比1.07ドル(25.1%)高の5.33 ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE