三洋電機:一部報道は「憶測」、現在監査中-過年度の処理損失で

三洋電機は24日、同社が過去の決算処理で 原資不足のまま株主に配当していたとする一部報道について「憶測記事であり、 当社から発表したものではない」としたうえで、「現在、過年度決算訂正の監査中 であり、監査意見が得られた段階で開示する予定だ」とのコメントを発表した。

24日付日本経済新聞朝刊は、三洋電機の単独決算で不適切な会計処理があ ったとされる問題で、2001年3月期の処理損失が1000億円を超すことが判明し たと報じた。損失を前倒して決算処理すると、03年3月期には原資不足のまま株 主に配当していたことになるという。同社は自主訂正した決算を証券取引等監視 委員会に12月に報告する予定で、違法性が確認されれば、課徴金などの処分を受 ける可能性があるとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE