米国債(23日):2年債反落、株高で「安全資産」需要が後退

米国債市場では2年債が反落。株価が上 昇したため、サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン絡みの損失に 対する懸念が後退し、「安全資産」としての短期債需要が弱まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。