人民元、一時7.3元台-ECB総裁訪中前に上昇加速容認

中国人民元の対ドル相場は一時、2005年の ドル・ペッグ(連動)制廃止以降初めて1ドル=7.3元台に上昇した。中国人民銀 行(中銀)が来週のトリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁の訪中を前に上昇加速を 容認した。

27日から2日間の日程で北京を訪問するトリシェ総裁は22日、人民元相場 の上昇ペースを「加速させるべきだ」と指摘。中国国家統計局の謝伏瞻局長も同日、 中国経済をさらに安定させるためには為替相場の柔軟性の向上が「欠かせない」と の考えを示した。

人民元は今年に入って対ドルで約5%上昇したものの、対ユーロではほぼ 7%下落しており、欧州企業の対中輸出競争力を低下させている。中国は、対欧米 輸出の急増により、国内の資金量が大幅に増えており、8月にはインフレ率が

6.5%と、10年ぶりの高水準を記録した。

ウエストパック・バンキングの上級為替ストラテジスト、ショーン・カロウ 氏は、欧州当局者は来週「巨額の貿易赤字の原因と受け止めている問題を議題にす るだろう」と指摘。「欧州当局者の懸念には正当性のあるものが多い。持続的かつ 大幅な人民元の上昇を促がす根拠になるはずだ」と語った。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、人民元は上海時間午後 5時半(日本時間同6時半)現在、前週末比0.11%高の1ドル=7.4060元。16 日は7.4257元だった。人民元は一時、ペッグ制廃止後の最高値となる7.3912 元まで上昇した。

アナリストやストラテジスト計24人を対象にまとめた予想中央値によると、 来年1-3月期末までに7.30元に上昇する見込み。ウエストパックは7.36元と 予想。

-- Editor: Harvey (sdh)

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net ロンドン 藤森 英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Okochi(mis) 記事に関する記者への問い合わせ先: Belinda Cao in Beijing at +86-10-6535-2316 or lcao4@bloomberg.net; Aaron Pan in Hong Kong at +852-2977-6623 or Apan8@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +81-3-3201-8676 or at shendry@bloomberg.net

企業別ニュース: %CNY %USD %HKD %EUR %JPY %GBP

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE