人民元、一時7.3元台-ECB総裁訪中前に上昇加速容認

中国人民元の対ドル相場は一時、2005年の ドル・ペッグ(連動)制廃止以降初めて1ドル=7.3元台に上昇した。中国人民銀 行(中銀)が来週のトリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁の訪中を前に上昇加速を 容認した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。