香港株(午前):反発-チョンコンなど不動産株高い、米利下げ期待で

午前の香港株式相場は反発。チョンコン・ ホールディングス(1 HK)やサイノ・ランド(83 HK)など不動産株が上昇を 主導した。米金融当局が12月に利下げを実施して香港当局も追随し、住宅ロ ーンのコスト低下と不動産需要の増加につながるとの見方が広がった。

マニュライフ・アセット・マネジメント(香港)の運用担当者、ポーリー ン・ダン氏は「米利下げがあれば香港株にはプラスだ」と述べた。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、前日比

118.4ポイント(0.4%)高の26736.59。前日は9月25日以来の安値を付けて いた。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.4%高の16062.47。

チョンコンは2.3%、サイノ・ランドは4%それぞれ上昇した。中国海洋 石油(Cnooc、883 HK)は3.5%高。米紙ウォールストリート・ジャーナ ル(WSJ)は、Cnoocがナイジェリアの石油鉱区への出資を検討してい ると伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE