英国債(22日):2年債16日続伸-米サブプライム問題で需要高まる

英2年国債相場は16営業日続伸し、ここ 15年で最長の上げとなった。同利回りは1年半ぶりの低い水準まで低下した。米 サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連の評価損が拡大するとの懸 念が広がったことを背景に、安全投資としての国債需要が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。