福田首相:消費増税、時期などに言及する段階でない(2)

福田康夫首相は22日夕、政府税制調査会や 自民党財政改革研究会が社会保障財源としての消費税増税の必要性を指摘した 考え方を相次いで発表したことについて見解を聞かれ、現段階では政府・与党 全体として社会保障の将来像についての結論が出ていないため、消費税増税と その具体的な時期について言及すべき段階にはないとの認識を強調した。首相 官邸で記者団に語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。