富士通:第2四半期純利益は62%減の54億円-為替差損などで (2)

IT(情報技術)サービス国内首位の富士 通が22日発表した第2四半期(7-9月)の純利益は前年同期比62%減の54億 円だった。為替差損や海外での税金負担の増加などが影響した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。