全日空:10月の旅客輸送実績は国内線6.1%減、国際線14.5%増(2)

国内第2位の航空会社、全日本空輸が22日 発表した10月の旅客輸送実績(速報ベース)は、国内線が前年同月比6.1減の 407万人、国際線が同14.5%増の41万人だった。供給された座席数に対して、どれ だけの乗客が搭乗したかの割合を示す利用率は国内線が68.7%(前年同月比3.7ポイ ント減)、国際線が74.8%(同2.9ポイント減)だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。