アジア株:下落、サブプライム懸念で-MSCI指数は2カ月ぶり安値

22日のアジア株式相場は下落し、MSCI アジア太平洋指数が2カ月ぶりの安値となっている。信用市場の損失拡大が世界 的な成長鈍化につながるとの懸念が広がり、海外の株安の流れを引き継いだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。