米フォードの英労組、印タタによる「ジャガー」などへの買収案を支持

米自動車大手フォード・モーターの英労働 組合は21日、インドの複合大手タタ・グループによる「ジャガー」、「ランドロ ーバー」両部門への買収提案を支持した。

発表文によれば、ジャガーとランドローバーに所属する組合員は、両部門が 売却される場合、買収する企業は「確立された存在感と製造経験」を持っている べきだと主張している。英労組は、株式非公開のタタが「これらの基準」に最も 合っているとの見解を示した上で、両部門がフォードの一部であり続けることを 望んだと述べた。

フォードの英国部門の広報担当、ジョン・ガーディナー氏は、売却先候補に ついての言及は避け、「込み入った商業上の話し合いであり、内密に行われるの が最善だと考えている」と述べた。また同氏は、フォードが両部門の売却を検討 するに当たり、「従業員に対する責任」を理解しているとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE