債券は堅調、「質への逃避」的な買い継続―10年は一時1.4%割れ(2

債券相場は堅調(利回りは低下)。米国の 信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の深刻化で世界的 に株安が進展しており、安全資産の国債に資金がシフトする「質への逃避」的 な買いが継続した。新発10年債利回りは一時、約2年2カ月ぶりとなる1.4% 割れとなったほか、先物中心限月は連日の年初来高値を更新した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。