ユニデン株が年初来安値、為替差損と米コードレス不振-通期を減額

通信機器メーカーのユニデンの株価が売り 気配で始まり、寄り付き後は一時73円(10%)安の627円と年初来安値を更新 した。午前10時20分現在で、東証1部の下落率3位。円高による為替差損の発 生や、米国でのコードレス電話機器の販売減少を考慮し、2008年3月期の連結 業績予想を下方修正したことで、投資家からの売りを浴びている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。