フィッチ:住宅関連CDO298億ドル相当を格下げ-S&Pは50億ドル

格付け会社フィッチ・レーティングスは 21日、住宅ローン関連証券を組み込んだ債務担保証券(CDO)298億ドル(約 3兆2300億円)相当について格付けを引き下げた。一方、米格付け会社スタ ンダード・アンド・プアーズ(S&P)はこうした証券50億ドル相当につい て格下げした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。