米ギャップの8-10月期:26%増益-通期見通し受け株価大幅安

米衣料品小売り最大手ギャップが21日発表 した2007年8-10月(第3四半期)決算は、販売促進費の節減を受けて、前年 同期比26%増益となった。同社は決算と同時に、通期利益がアナリスト予想を 下回る可能性を示し、株価は2年ぶりの大幅下落となった。

純利益は2億3800万ドル(1株当たり30セント)と、前年同期の1億8900 万ドル(同23セント)から増加。純利益は同社が8日発表した暫定集計値の範 囲内だった。売上高は前年同期比0.8%増の38億5000万ドル。

既存店売上高は前年同期比5%減となった。新たに就任したグレン・マー フィー最高経営責任者(CEO)は値引きを限定したほか、幹部数人を採用し て商品改善や2年越しの販売低迷のてこ入れを進めた。ただ、16年で最悪の住 宅市場低迷が個人消費に影を落としており、年末商戦の経済環境は「厳しい」 とマーフィーCEOは指摘した。

同社は、一部項目を除いたベースの08年通期(08年1月期末)利益は1株 当たり99セント-1.05ドルとの見通しを示し、従来の最大95セントから上方 修正した。ブルームバーグが実施したアナリスト調査では、1.05ドルが予想さ れていた。

株式市場の通常取引時間帯に発表された決算を受け、ギャップの株価終値 は前日比1.24ドル(6.1%)安の18.96ドルと、2005年11月以来で最大の下落 となった。年初来騰落率はマイナス2.8%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE