米国株:反落、ダウ211ドル安‐S&P500種は年初来マイナスに(3)

米株式相場は反落。住宅ローンの 返済不履行からの損失が景気全般に波及するとの懸念が強まったことか ら、金融やエネルギー株を中心に売りがかさんだ。S&P500種株価指 数は年初来の上昇分を失った。

米クレジットカード発行3位のアメリカン・エキスプレス(アメッ クス)は14カ月ぶりの安値。モルガン・スタンレーが、景気鈍化で利益 が圧迫されるとの見方からアメックス株の売りを勧めたことが悪材料と なった。石油会社米最大のエクソンモービルは、原油の反落に連れて下 げた。米家電量販2位のサーキット・シティ・ストアーズは4年ぶりの 安値。JPモルガンは、サーキット・シティの業績反転に向けた身売り 先確保が来年まで持ち越される可能性があると指摘した。

S&P500種株価指数終値は前日比22.93ポイント(1.6%)安の

1416.77ポイント。前年末に比べ0.1%下落となった。ダウ工業株30種 平均は同211.10ドル(1.6%)下落し12799.04ドル。構成銘柄30社中、 29銘柄が下げた。ナスダック総合指数は34.66ポイント(1.3%)下げ て2562.15ポイントで終了した。ニューヨーク証券取引所(NYSE) の騰落比率は約1対4だった。

イースタン・インベストメント・アドバイザーズ(ボストン)で20 億ドルの資産運用に携わるジョン・カッター最高投資責任者(CIO) は、「市場はパニック状態だ」と指摘。さらに、「問題は探りようがな く、測定もできず、時間の経過以外には対応策がないとの見方が広がっ ている」と話した。

質への逃避先として米国債に買いが集まったことから、10年債利回 りは4%を割り込んだ。株価指数はアジアならびに欧州でも下落した。

大幅悪化

アメックスは前日比4.7%安。モルガン・スタンレーのアナリスト、 ケネス・ポスナー氏とチャールズ・マーフィー氏は投資家向けリポート で、「大幅悪化している」消費者の信用の質が、他のカード会社以上に アメックスにとって大きな問題となる可能性があると指摘。融資ポート フォリオが「競合他社と比較してずっと速いペースで」拡大しているこ とを理由に上げた。

エクソンモービルは下落。原油相場が過去最高値から反落したこと が嫌気された。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で原油先物08年 1月限は前日比74セント(0.8%)安の1バレル=97.29ドルだった。 原油先物相場は一時はバレル当たり99.29ドルと、1983年の取引開始以 来の日中の高値を付けた。

サーキット・シティ

サーキット・シティは前日比5.6%下落。JPモルガンのアナリス ト、スティーブン・チック氏はリポートで、サーキット・シティの「業 績反転には、戦略的提携先(もしくは身売り先)が必要になる公算が大 きい」と指摘。さらに、「そうしたシナリオは08年第2四半期までかか る可能性がある」との見方を示した。同氏はサーキット・シティの株式 投資判断を「中立」に引き下げた。

事務用品小売り世界2位のオフィス・デポは前日比4.4%下げた。 小売のJCペニーやスターバックス、フェデックスの利益見通し引き下 げで景気鈍化の影響が示されるなか、今年の年末商戦は小売業者にとっ て過去5年間で最も軟調となる可能性がある。

住宅金融大手フレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)も安い。ゴ ールドマン・サックスはフレディマックの資産価値が引き続き減少する との見通しを示した。アナリストのジェームズ・フォースリン氏はフレ ディマックの株価見通しを24ドルと従来見通しの73ドルから引き下げ るとともに、2008年通期の利益見通しも82%下方修正した。

歯科・獣医・リハビリ関連製品供給のパターソンは前日比23%の大 幅下落。同社は07年通期の利益見通しを引き下げ、1株当たり最大

1.72ドルとした。ブルームバーグがまとめたアナリスト調査の予想平均 は1.74ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE