米週間失業保険申請:1万1000件減の33万件-予想に一致

米労働省が21日に発表した17日に終 わった1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は、前週比1万1000 件減の33万件と、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中 央値に一致した。前週は34万1000件と速報値の33万9000件から上方修正 された。4週間移動平均は32万9750件と、前週の33万500件から減少し た。

ハイ・フリークエンシー・エコノミックスのチーフエコノミスト、イア ン・シェファードソン氏は「失業保険申請件数のトレンドは明らかに上向いて いる。企業は雇用を凍結するだけでは業績を維持するには不十分であると気付 き始めている。当面は緩やかなペースながら申請件数は継続的に増加するとみ ている」と述べた。

失業保険継続受給者総数(季節調整済み)は11月10日までの1週間で 256万6000人と、前週(255万9000人)から増加した。失業保険受給者比 率は1.9%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE