債券は大幅高、20年入札順調や株安で買い優勢に-10年債は一時1.42%

債券相場は上昇(利回りは低下)。20年国 債の入札結果が順調となったことに加え、日経平均株価が1万5000円を下回り、 一時400円超の大幅安となったことから、買いが優勢となった。先物12月物は 中心限月としては昨年1月以来の高値をつけたほか、新発10年債利回りは一時

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。