自民財革研:社会保障財源に消費税増税を提言へ-09年度の実現も視野

自民党財政改革研究会(会長・与謝野馨前 官房長官)は21日午後、党本部で開く会合で、2009年度から基礎年金の国庫負 担割合を現行の3分の1から2分の1に引き上げるためなどの財源として、消 費税増税の必要性を求めた提言をまとめる。後藤田正純事務局長は具体的な引 き上げ幅にまで踏み込む方針を示しており、現段階での増税論先行に反対する 中川秀直元幹事長ら「上げ潮」派との攻防が激化しそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。