黒田ADB総裁:原油相場は下落へ-高水準継続ならアジア経済に影響

アジア開発銀行(ADB)の黒田東彦総裁 は21日までに、原油相場の水準やアジア経済に与える影響について次のように コメントした。ニューヨーク原油先物相場(1月限)は、同日の時間外取引で 初めて1バレル当たり99ドル台に乗せた。ドル安に伴う国際商品の需要増加が 背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。