バフェット氏やグリーンスパン氏が正しければ中国市場関連株は失速

資産家ウォーレン・バフェット氏やグリー ンスパン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長、香港の富豪、李嘉誠氏の中 国株市場についての見方が正しければ、中国のオンライン金融情報サービス会 社チャイナ・ファイナンス・オンライン(北京)は米国上場の外国企業株でパ フォーマンス最高という地位を失うことになるだろう。

同社の米国預託証券(ADR)は今月、15%下落した。中国株の指標であ るCSI300指数は11%安。

グリーンスパン氏と李氏は、中国株相場がいつ弾けてもおかしくない「バ ブル」との見方を示している。バフェット氏は先月、中国株への「慎重」な投 資を呼び掛けた。

IGインベストメント(香港)で運用に携わるティム・レオン氏は、「中 国株市場が減速すれば、業績が市場と密接に関連している企業への投資のリス クは高まるだろう」として、「株価が落ち込む時には投資家は売買を手控える ものだ」と話した。

チャイナ・ファイナンス・オンライン株の上昇率は今年、バンク・オブ・ ニューヨークのADR指数の6倍強となり、米市場のペトロチャイナ株を上回 る。

CSI300指数は今年148%上昇し、世界で最高のリターンを上げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE