10月米景気先行指数、11月消費マインド指数はともに低下か-BN調査

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査機 関60社を対象に実施した調査によれば、民間調査機関コンファレンス・ボード が21日に発表する10月の景気先行指標総合指数(LEI)は、前月から0.3% 低下(中央値)したもようだ。9月は同0.3%上昇だった。10月は住宅着工許可 件数が落ち込み、企業が人員削減を進め、消費者心理が悪化した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。