香港株(終了):ハンセン指数下落-米景気見通し下方修正と原油高で

香港株式相場は下落。ハンセン指数は約2 カ月ぶりの安値を付けた。このままでいけば月間ベースとしては1997年10月以 来で最大の下落となる。米金融当局が2008年の米経済成長見通しを下方修正した のに加え、原油相場が上昇し、1バレル当たりほぼ100ドルまで近付いたことが 背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。