コンテンツにスキップする

米シティなど銀行:クライスラー買収向け融資販売できず-2回目

米JPモルガン・チェースやシティグルー プを含む銀行団は、米自動車大手クライスラー買収向け融資のうち40億ドル (約4400億円)の債権を、投資家に販売できなかった。事情に詳しい投資家が 20日までに明らかにした。

クライスラーのレバレッジド・バイアウト(LBO)向け融資債権を投資 家が拒否するのは2回目。当初に100億ドルを融資した銀行団は8月に一部販 売を目指したが、買い手が集まらなかった。

ブルー・マウンテン・キャピタル・マネジメントのマネジングディレクタ ー、ジェフリー・クシュナー氏は「今は誰も何も買う気にならない」と話した。

JPモルガンとシティ、ゴールドマン・サックス・グループ、モルガン・ スタンレー、ベアー・スターンズは今月、クライスラー買収向け融資の債権を 額面1ドルにつき97.5セントの割引価格で販売することを計画していたが、関 係者によると、銀行団はこれを断念した。

引受団の1行によると、100億ドルの融資のうちクライスラーは30億ドル を返済することで合意し、30億ドルは銀行団がそれぞれのバランスシート上に 保持する計画だという。銀行団は残りの40億ドルの販売を図っていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE