香港株(午前):下落、米サブプライム懸念で-HSBCが安い

午前の香港株式相場は下落。このままい けば約9カ月で最長の下げ局面となりそうだ。米サブプライム(信用力が低い 個人向け)住宅ローン市場関連の損失が拡大し、米国景気鈍化につながるとの 懸念が再浮上した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。