シカゴ大豆:34年ぶり高値-中国の輸入関税引き下げ継続観測で

シカゴ商品取引所(CBOT)では20日、 大豆相場が終値ベースで34年ぶりの高値に達した。世界最大の大豆輸入国であ る中国が、大豆と植物油の輸入障壁を緩和するとの見方が上昇要因となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。