FOMCの経済予測、精度は民間エコノミストと大差なし-FRBの論

米連邦準備制度理事会(FRB)のスタッフや連 邦公開市場委員会(FOMC)メンバーによる経済予測の精度は、民間エコノミストの 予測と大差なく、数四半期を超える期間の予測は信頼性を欠く-。FRBのエコノミス トがこんな研究論文をまとめた。

20日に公表された40ページからなる同論文で、デービッド・ライフシュナイダー、 ピーター・テューリップ両氏は「FRBスタッフによる予測の精度は、ほかの経済予測 とほとんど同じだ」と指摘。「過去が将来を占う上で良い指針になるとすれば、過去の 経済予測の誤りが大きいことは、経済見通しの不確実性はかなり高いことを意味してい る」と結論付けた。

FRBはこれまで年2回だった景気見通しを四半期ごとに改め、この日から実施。 見通しの期間も延長した。バーナンキFRB議長は先週、新方式にはFRBの政策決定 プロセスの透明性を高める狙いがあると説明していた。

FRBの元エコノミストで、現在ノーザン・トラスト(シカゴ)の主任エコノミス トを務めるポール・カスリエル氏は「FRBのスタッフが最も優れた人たちではないと いうことが分かるだろう」とし、「これまでもFRBの予測は外れるものとみられてき た。FRBの政策方針が8月から9月にかけて急激に変化したのはその一例だ」と指摘 した。

-- Editor: Rohner, Torres

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net     Editor:Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Steve Matthews in Atlanta at +1-404-507-1310 or smatthews@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE