PIMCOマカリー氏:米政策金利が3%未満になる可能性は十分ある

債券ファンド最大手、米パシフィック・ インベストメント・マネジメント(PIMCO)のファンドマネジャー、ポー ル・マカリー氏は20日、米金融当局がリセッション(景気後退)入りを阻止 するため、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を3%未満に引き下げ る可能性があると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。