10月の貿易黒字額は前年比で3カ月連続増-アジア向けなどが下支え

10月の日本の貿易黒字額は前年同月比で3 カ月連続増加した。輸出は米国向けが前月に続いて減少したが、アジアや欧州 連合(EU)向けが下支えした。輸入は2カ月ぶりでプラスに転じたものの、 1けた台の低い伸びにとどまった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。