米国株:反発、エネルギー株に買い-エクソンやグーグルが堅調(3)

米株式相場は反発。原油価格の最 高値更新でエネルギー関連企業が買われたことや、クレディ・スイスが インターネット検索大手グーグルの08年の目標株価を900ドルに設定し たことを受けて3カ月ぶりの安値から反発した。

売上高で世界最大の石油会社、エクソンモービルは過去5年間で最 大の上げ。クレディ・スイス・グループはグーグルが携帯電話の広告市 場シェアを拡大するとの見通しを根拠に同社の目標株価を引き上げた。

住宅金融のフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)は配当引き下 げの可能性に言及した。また同社が発表した07年7-9月(第3四半 期)決算ではアナリスト予想の3倍の損失が明らかになった。また米連 邦公開市場委員会(FOMC)は08年の景気見通しを引き下げた。ただ、 株価指数はこうした弱材料を乗り切って上昇した。

S&P500種株価指数終値は前日比6.43ポイント(0.5%)高の

1439.70ポイント。ダウ工業株30種平均は同51.70ドル(0.4%)上昇 し13010.14ドル。ナスダック総合指数は3.43ポイント(0.1%)上げて

2596.81ポイントで終了した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の 騰落比率は約1対1だった。

ボストン・アドバイザーズ(ボストン)のマイケル・ボーゲルザン 最高投資責任者(CIO)は、「市場は問題から目をそらしているよう だ。金融株が引き続き困難に直面しているにもかかわらず、非常に力強 い上昇がみられる」と指摘した。

S&P500種株価指数の業種別10指数中で、この日下落したのは金 融株からなる指数だけだった。フレディマックが住宅市場の差し押さえ で、住宅ローン保有分の価値が下落したと表明したことが嫌気された。

エネルギー株堅調

エクソンモービルは前日比4.4%高と、02年10月以来最大の上げだ った。UBSはエクソンモービルの株式投資判断を「中立」から「買 い」に引き上げるとともに、株価見通しを96ドルと従来の92ドルから 引き上げた。米石油2位のシェブロンも上昇した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で原油先物08年1月限は前 日比3.39ドル(3.6%)高の1バレル=98.03ドルだった。ドルが対ユ ーロで最安値を更新したことから商品需要が強まった。

グーグルは前日比3.6%上昇。ブルームバーグがまとめた統計によ ると、グーグルの株価目標を900ドルとするクレディ・スイスの見通し は証券会社37社の中でも最も高い。クレディ・スイス・グループのアナ リスト、ヒース・テリー氏は「テレビやラジオ、携帯端末を含めすべて の広告がデジタル化されれば、グーグルの株主価値は飛躍的に伸びる。 グーグルは広告業界で事実上の『基本ソフト(OS)』になる」と指摘 した。

ノードストロム

百貨店経営のノードストロムは上昇して引けた。同社の07年8-10 月(第3四半期)決算は、一部項目を除いたベースの1株利益が59セン トとなり、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均を7セント上 回った。

住宅金融のフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)は下落。同社 が20日発表した07年7-9月(第3四半期)決算は、四半期決算で創 業以来最大の純損失を計上した。発表資料によると当期の純損失は20億 2000万ドル(1株当たり3.29ドル)。前年同期の純損失は7億1500万 ドル(同1.17ドル)だった。フレディマックはさらに、10-12月期の 配当金の半減を「真剣に検討している」と述べ、資本増強策の助言役と して米ゴールドマン・サックス・グループとリーマン・ブラザーズ・ホ ールディングスを起用したと発表した。

米ディスカウントチェーン2位のターゲットは売りに押された。同 社が20日発表した07年8-10月(第3四半期)決算は前年同期比減益 だった。アナリスト予想も下回った。住宅経費やガソリンコストの上昇 で個人消費が抑制されたことが響いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE